photo & hobby

写真撮影とガジェット好きです!

📷NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VR にて天の川撮影『白浜の屏風岩』へ❗

お盆明け、新月近くのある日に天の川撮影に出かけました😊
今回の主な目的は『NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VR 』の天の川撮影のテスト撮影です❗

訪問場所

白浜の屏風岩

千葉県南房総市にある岩場のあるビーチ?です。

訪問日時 2023年8月17日
主な撮影カメラ
レンズ・機材

①Z 50 +   『NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VR』

 三脚、スターリーナイト(光害防止フィルター)

②Z 6II + 『NIKKOR Z 14-30mm f/4 S』

 三脚、スターリーナイト(光害防止フィルター)

・懐中電灯、ヘッドライト、足場が悪いので汚れてもいい靴、虫よけ

※撮影後、比較用に明るさのみ調整してます。

※撮影時に色味をいじりながらの撮影してそこはいじってません。

備考

今回は完璧な気象条件だったので、じっくり機材性能を試すことが出来ました😊

新月かつ干潮での訪問がベストでしょう。

磯に入ると滑りますので転倒に注意が必要です。

↑『白浜の屏風岩』には上記の場所が駐車場になります。

スマホアプリ『Winfy』の雲予想で千葉外房がばっちりなのを確認しての出撃です❗

『白浜の屏風岩』は初めて訪問しますが・・草をかき分けて進みます。
時間がなく日中に現地調査は出来ないのでマップを見ながら強引に進みます😅

そして・・

Z 50 + NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VRにて撮影 明るさのみ調整

Z 6II + 『NIKKOR Z 14-30mm f/4 S』にて撮影 明るさのみ調整

↑ Z 50 + NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VRの組み合わせですが天の川撮影ばっちりですね😊
Z6Ⅱと色味が異なるのはWB,PCの設定が違うからです。
ぱっと見『Z 50 + NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VR』の方が見栄えが良く見えますがraw現像するとZ6Ⅱの方がダイナミックレンジ(画像データの範囲)が広いので見栄えがする編集ができます。

ではここからは適当に写真を紹介します❗

Z 50 + NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VRにて撮影 明るさのみ調整

Z 6II + 『NIKKOR Z 14-30mm f/4 S』にて撮影 明るさのみ調整

↑今回のベストショットはZ6Ⅱでの撮影でした❗夜の磯の中に入ってひやひやしながら撮影しました😅
raw現像したら素晴らしい写真になりそうですね😊

Z 6II + 『NIKKOR Z 14-30mm f/4 S』にて撮影 明るさのみ調整

Z 50 + NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VRにて撮影 明るさのみ調整

Z 50ではISO:8000程度で撮影していますが後で確認後、ちょっと上げ過ぎでノイズが多かったなと反省しております。
Z 50+『NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VR 』ではおおよそ以下通りの設定です
F:3.5(一番明るい)
ISO:6400がMAXでこれ以上はノイズが厳しい
シャッター速度:20sec程度 ※12mm(35mm換算18mm)でも若干の星が流れる
WB:手動で3500~4000K(マゼンダを若干乗せ)
ちなみにZ6Ⅱの方がセンサー感度が高く天の川撮影が楽に撮影が出来ます。

Z 50 + NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VRにて撮影 明るさのみ調整

今回訪問した『白浜の屏風岩』は磯と天の川を合わせて撮影できる素晴らしいスポットでした❗
気象条件が良かったのもありますが目視でも千葉県で一番綺麗に天の川が見えて気分もアゲアゲです♪
『NIKKOR Z DX 12-28mm f/3.5-5.6 PZ VR 』は安価なレンズですが天の川撮影でも十分戦えるのが分かりました😊

↑小さくて広角(35mm換算18mm)の撮影ができて天の川まで撮影ができる素晴らしいレンズです。そのうえ案外ズーム(35mm換算42mm)でとても使いやすいレンズです♪
では場所を移動して次回に続きます❗

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村