photo & hobby

好きに写真撮ってます!

朝顔の開花を微速度撮影 その② 接写リング装着して正面から撮影

今回は朝顔を接写リングを取り付けてファインダーいっぱいに開花するシーンを撮影したいと思います

f:id:psato7:20190718205612j:plain

接写リング

f:id:psato7:20190718210303j:plain

色々言い方はあるみたいですがこれを装着すると元のレンズのテレ端(最大ズーム)でしか使用できなくなりフォーカス範囲が極端に短く(数十センチ程度)なりますが超接写が可能になります

接写能力だけならマイクロレンズを上回ると思います

ただしピントが合う範囲が超シビアで初心者は意味が分からず撃沈する可能性があります

マニュアル耐性がある人向けかと思います

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B015XQH6AM/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o09_s00?ie=UTF8&psc=1

価格も安いので安価に接写したいならオススメです

マイクロレンズと比較するとはっきり言ってイマイチな写真かなーと思います 

持ち物の増分を最小限にして接写できますので出張に向いていると思います

 

では朝顔の開花を正面から微速度撮影の準備をします

f:id:psato7:20190718211349j:plain

まずは開きそうなつぼみを選んで花弁が開いた時にピントが合うように試験撮影します

フォーカスはもちろんマニュアルです

開花前の花の先端→開花後の花弁

開花後の花弁に合うようにピントを合わせます

 

youtu.be

 

 

youtu.be

んー綺麗ですねー

微速度撮影では手持ちのマイクロレンズ(オールドレンズ)では微速度撮影に対応してないので接写リングを使用しました